スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

[VR] GearVRのアプリを使ってみる その(11)~(15) #VR #GearVR

GearVRで使えるアプリの紹介(簡単なインプレッション)の続き(11)~(15)です。



正直、自分自身がアプリで遊ぶのが今は優先なので、スクリーンショットとか撮ってませんw

アプリの画像に関しては、かろうじてOculusVRアプリをGearVRをつけない状態で起動して、インストールアプリ一覧の画面をスクショしてみた程度です。ごめんなさい。

順番は完全にアットランダムです。


(11) Cat Flight
BBCの番組風のVRアプリですが、ほとんどは360動画映像です。英語がわからないので、ちゃんと理解していない部分があるのですが、大自然の中に暮らす野生の猫が鳥を捕まえるためにスゴイ跳躍力のジャンプを見せる、という、その様子を360度動画とCGによるVR映像で見ることができます。

まあ、それだけではあるのですが、こういう自然、動物系の映像はVRにはフィットしやすい素材なんじゃないかな~と思います。
(12) Antarctic Ocean
南極海の海中に住む海の生き物(CGですが)を眺めることができるVRアプリです。
水中で視点を360度動かせるというのは、潜水服を着ていない限りできない行為ですから、これまたVRで疑似体験するには適した素材といえそうですね。ちょっとした癒しを得たいときにぼーっと眺めるような使い方が良いのかもしれません。
(13) The National Park Experience
まず、タイトルにある「National Park」とはいわゆる国立公園のことだと思いますが、無学な私にはこのアプリの国立公園がどの国のものなのかが今一つわからないのです。
イメージとしては、この国立公園の中の選んだ場所を、固定視点で360度見渡せるという感じで、アプリケーションとしてはやや物足りない感じがあるかもしれませんね。

(9) Pyramids Roller Coaster
(1)でご紹介したRelix Coasterと同じ、ジェットコースターのVRアプリです。ただしこのアプリは名前の通りピラミッドの周囲や内部にコースが通っている設定で、現実にはありえないコースターを体験することができます。ジェットコースターのVRは酔いやすい問題はあるものの、VRの威力・凄さが良く伝わるので個人的には好きなカテゴリーです。


(10) DREAMS OF "O&qu…
最近の投稿

[BlackBerry][VR] BlackBerry PRIVでGearVRを無理やり使える?使えない? #BlackBerryJP

前のエントリに書いたとおり、VR体験のためにGearVRとGalaxyS6edgeまで買ってしまいましたので、PRIVでVRをできるようにする必要はないといえばないのですが、S6edgeには発熱の問題があって、本当ならばPRIVでVRできたらいいなーという思いは実はあります。

関連エントリ:
[VR] GearVRを買いましたがこれ、スゴイです(その1:きっかけ編)
https://mobileff.blogspot.jp/2017/04/vr-gearvr.html

[VR] GearVRを買いましたがこれ、スゴイです(その2:機種選定編)


https://mobileff.blogspot.jp/2017/04/vr-gearvr_13.html
[VR] GearVRを買いましたがこれ、スゴイです(その3:使ってみた編)
https://mobileff.blogspot.jp/2017/04/vr-gearvr_14.html

[VR] GearVRのアプリを使ってみる その(1)~(5)https://mobileff.blogspot.jp/2017/04/vr-gearvr15.html

[VR] GearVRのアプリを使ってみる その(6)~(10)https://mobileff.blogspot.jp/2017/04/vr-gearvr610.html


というわけで、どうにかしてPRIVをGearVRと組み合わせて使えないかと試してみたというのが本エントリの趣旨となります。

まずは、とりあえず画像が見れればよいレベルで まずは、一番原始的な利用手段として、GearVRとPRIVを電子的には接続せず、単なる汎用VRゴーグルのごとく使う方法です。

実際のところ、サイズ的にはGearVRはGalaxyNoteもサポートしている位なので、少し大きいくらいであれば、ちゃんと固定さえできれば普通に見ることは可能です。PRIVの大きさでも、全然問題ありません。

ただ、そのままの状態でカッチリと固定することはできませんので、どうするかといいますと、

100円ショップで買ったメンディングテープで固定しますw

その様子がこちらになりますw
(写真は後で貼ります)

まあ、おバカすぎる固定手段ですが、とりあえず的な用途ならこれで全く十分です。

実際、サイズ的にもPRIVのサイズは実は…

[VR] GearVRのアプリを使ってみる その(6)~(10) #VR #GearVR

GearVRで使えるアプリの紹介(簡単なインプレッション)の続き(6)~(10)です。



正直、自分自身がアプリで遊ぶのが今は優先なので、スクリーンショットとか撮ってませんw

アプリの画像に関しては、かろうじてOculusVRアプリをGearVRをつけない状態で起動して、インストールアプリ一覧の画面をスクショしてみた程度です。ごめんなさい。

順番は完全にアットランダムです。


(6) AccuWeather
AccuWeatherは弊ブログをよく見ていただいているBlackBerryファンの方にもお馴染みですよね。

いわゆるひとつの天気予報アプリなのですが、VR対応ということで、それぞれの情報がパネルでカッコよく表示され、景色もおそらく予報地点の上空に浮いているように表示されます。もちろん、景色はその時の時間に合わせて、昼は明るく、夜は暗く表示されます。

わざわざ天気予報を見るためだけにGearVRを起動するのもアレですが、他のアプリで遊んだ流れでついでに天気をチェック!みたいな用途にはいいかもしれないですねw

(7) GYEONGJU VR MUSEUM

韓国の景勝地?を見物できるアプリケーションです。やっぱりGearVRはサムスンのプロダクトだけに、韓国のクリエイターも頑張っているのだと思います(それに比べると日本は◯MMくらいしか対応しているように見えませんが・・・ちょっと残念)。

これの他にも、実在の公園とか観光地とかを見渡せるアプリはいくつもあるのですが、OpenHouseVRのように、場所は固定されていて歩きまわったりはできないものが多いです。しかしながらこのアプリはCGで風景が再現されているからなのか、GearVRのタッチパッドを使って、移動したい方向をタッチパッドの前後左右で選択して、実際に中を移動することができるようになっています。ただしやや操作性は微妙ですね。せっかくのGearVRなので「視点カーソルを出して、タッチしたらその方向に前進する」という動きができたらもっと直感的だったかもしれません。

(8) ORCHESTRA VR
名前の通りオーケストラの演奏をVRで体感するアプリです。視点はオーケストラの舞台上に何箇所か設置されていて、時間とともにその幾つかの視点が自動で切り替わっていきます。各視点ごとに360度の視点移動もでき、オーケストラの演奏を…

[VR] GearVRのアプリを使ってみる その(1)~(5)

ここまでのいくつかのエントリでGearVRについて紹介しましたが、ここからはアプリの紹介(簡単なインプレッション)をしていこうと思います。

正直、自分自身がアプリで遊ぶのが今は優先なので、スクリーンショットとか撮ってませんw

アプリの画像に関しては、かろうじてOculusVRアプリをGearVRをつけない状態で起動して、インストールアプリ一覧の画面をスクショしてみた程度です。ごめんなさい。

アプリの本数的には30本くらいをインストールしましたが、まだ全部試し切れていませんので、何度かに分けて書くことになると思われます。何卒ご了承ください。
順番は完全にアットランダムです。


(1) Relix VR

絵を見てわかる通り、ジェットコースターを体験できるアプリです。
もちろんVRなので、乗っている最中に前後左右上下をみることもできます。 さらに、VR内のジェットコースターなので途中でレールのないところに落下していったり、勢いよくレールから飛び出して、離れたレールに着地する、などの本来はありえないシチュエーションでの走行が楽しめるのもVRならではですね。
ただし、乗るときはVR酔いにご注意ください。最初に書いといてなんですが、最初のこのアプリをいきなり試すときついかもしれませんw
(2) RelayCars

いわゆる、車のショールームを模したアプリケーションです。車の外観をチェックしたり、実際に搭乗したときの運転席がどんな感じになっているかも見られるようになっています。また、別途ダウンロードすれば、運転席に座って屋外で試乗している様子を体験することもできます。

(3)OpenHouse VR VRの用途として割と良く語られがちな、家の内覧を仮想的にできるというアプリです。ただし、このアプリはデモ用途なのか、見られる物件は限られているようです。また室内の各部屋で撮影されているのですが、残念ながら固定された場所で撮られただけなので、実際に部屋の中を歩き回ったりする体験はできませんのでご了承ください。

(4) Ghost in the Shell
同名の映画のプロモーション映像的な、5分弱のVR動画です。残念ながら中の人はこの基になっている映画のことは名前は聞いたことあるのですが、実際に見たことがなくて、よく知らないのですが・・・w わかる方は是非どうぞ。


(5) Let H…

[VR] GearVRを買いましたがこれ、スゴイです(その3:使ってみた編)

「その1:きっかけ編」「その2:機種選定編」の続きです。

[VR] GearVRを買いましたがこれ、スゴイです(その1:きっかけ編)
https://mobileff.blogspot.jp/2017/04/vr-gearvr.html

[VR] GearVRを買いましたがこれ、スゴイです(その2:機種選定編)
https://mobileff.blogspot.jp/2017/04/vr-gearvr_13.html

と、いうことで、さっそくGearVR、使ってみました。

総じて一言でいえば、

これはスゴいデバイスです
なのですが、それだけだとたぶん伝わらないので、主に使用感など細かく見ていきます。

装着感
GearVRの装着感ですが、まず顔に触れる部分は普通のゴーグルのように柔らかい素材を使っていることと、頭に掛けたときにズレないように縦横にバンドがついていますので、フィット感も良く、すごく考えられていると思いました。

1時間くらい続けて被って(帽子じゃないんですが、上にもバンドが通っているので、被るという表現がしっくりくるw)いても、疲れを感じることはなかったと思います。

ちなみに質感的にも、もちろん本体は基本プラスチック素材ではあるのですが、安っぽさは感じさせず、むしろ質感は高いと感じました。前モデル(2015年モデル)は白と黒のツートンカラーだったので、好みが分かれそうなデザインにも思えますが、私が購入した2016年モデルは、ブルーブラックなので、大変落ち着いたカラーリングになっています。

操作性
GearVRについて期待していた(汎用のVRゴーグルにしなかった決め手の一つ)点が操作性です。


まず、GearVRには本体右側面にタッチパッド、ホームボタン、戻るボタン、ボリュームボタンがついております。いわゆる通常のスマフォでいうとタップに相当する「決定」操作はタッチパッドの中央を軽くタップします。

GearVRはGalaxyスマートフォンを挿しますと、Oculus VRという専用ソフトが起動し、自動的にランチャーであるOculus Home画面になります。

Oculus Homeから他のアプリに移った後は、GearVR側面についているホームボタンや戻るボタンで簡単にホームに戻ってくることができます。

また、圧巻なのは視線による選択ができることです。VRの画面は仮想…

[VR] GearVRを買いましたがこれ、スゴイです(その2:機種選定編)

その1の続きです。

[VR] GearVRを買いましたがこれ、スゴイです(その1:きっかけ編)
https://mobileff.blogspot.jp/2017/04/vr-gearvr.html

ここ数年、すっかりBlackBerry専門ブログとなっていた弊ブログですが、中の人が唐突にVRに目覚めてしまい、なぜかGearVRを買ってしまったのでレポートします。
購入までの逡巡とかもいろいろ書くつもりですが、まずはファーストインプレッションから言うと、

とても良いです!

どう良いかは今後のレポートでw

[VR] GearVRを買いましたがこれ、スゴイです(その1:きっかけ編)

ここ数年、すっかりBlackBerry専門ブログとなっていた弊ブログですが、中の人が唐突にVRに目覚めてしまい、なぜかGearVRを買ってしまったのでレポートします。

購入までの逡巡とかもいろいろ書くつもりですが、まずはファーストインプレッションから言うと、

とても良いです!


どう良いかは今後のレポートでw