スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

[Palm] 2017年現在、PalmTXからTwitterへの投稿はできるのか

[Palm] 古い美品CLIEをいじって遊んでいたらいつの間にかCLIEがPalmT|Xに代わっていた
の続きです。
思い起こせば、PalmT|Xが休眠状態に入ってから6年が経過しようとしている。 いわば、冷凍保存されたタイムカプセルのようなPDA。
たかが6年、されど6年。 何の因果か寝た子を起こしてしまった2017年のこの世界で、PalmT|Xは果たしてインターネットの海の中でプレゼンスを示すことができるのか…
注)以下の記述は、あくまでも各機器の仕様に基づく中の人の妄想ですので、その旨ご了承の上おつきあいのほどお願い申しあげます。
(1)HotSync環境の復元
すぐにでもインターネットの大海原に漕ぎ出したいところだが、慌ててはいけない。
Palmといえばネットワークの前に何を置いてもHotSyncなのだ。PalmといえばHotSync、HotSync といえばPalmである。たしかWindowsCEではActiveSyncだったっけ。
ところがだ、いわゆる母艦のOSも今や当時は影も形もなかったWindows10になっている。 おそらくはそのままUSBケーブルで接続しても簡単には認識しないであろう。
しかしながら、HotSyncはネットワーク経由でも実施できるのだ。TXの場合はBT接続でHotSyncするのが実はオススメかもしれない。

(2)ネットワーク接続の確保
さて、HotSyncソフトのインストールもできるようになった。いよいよ、インターネットにTXを繋がなければいけない。
TXには幸いBTもWiFiも内蔵されている。 なんだ、それらがあればインターネット接続など造作も無いではないか、と侮るなかれ。 ここに、時代を飛び越えたタイムカプセルTXの悲劇がある。
まずWiFi。
TXの内蔵しているWiFi機器は、通信の暗号化方式に対応してはいるものの、WPA(2ではなく1)である。昨今のWiFi機器でWPA1に対応しているものは実は思いのほか少ない。
中の人が愛用するBlackBerry PRIVはもちろんWiFiテザリングを標準でサポートするが、暗号化方式はWPA2 以外の選択肢がない。モバイルルータ類もよほど古いものでなければ、WPA1はサポートしない。
そしてBluetooth。
今時のスマートフォンはBTテザリングも出来るが、これはBT-PAN(Pe…
最近の投稿

[Palm] 古い美品CLIEをいじって遊んでいたらいつの間にかCLIEがPalmT|Xに代わっていた

私、以前はPalmのファンでした。
手放したけど、まだPalmがU.S.Roboticsという会社で、PDAもPilotという名前だった頃に買ったことがあります。
その後、Tungsten EやCLIE NX80Vなども買い、CentroやZireも買いましたが、最後はPalmT|Xに落ち着いて、メイン機としてたぶん一番長く使ったと思います。
たぶんそのころ、秋葉原(というかモバプラさんですね)でCLIEの美品中古が売られていて、3台ほど確保してずっとしまってあったのですが、いろいろ荷物の整理などする機会があり、そういえば買ってあったなーと取り出してみたんですね。とはいえ、いわゆるスマートフォンに進化する前のPDAです。さすがに今は使い道もないし、買い取って他のコレクターに有効利用してもらっても良いかなと、買い取り業者に見積もりするも、タダ同然の値段しか付かずw
お金にならないなら自分で弄って遊べばいいかと触りだしてみるも、やはり今時のスマートフォンのような使い方ができるわけでもなく…
とか思っていたとき、唐突に「そういえば前に使っていたPalmTXってまだ使えるんだろうか?」と思い立ち、充電し電源を入れてみると…

「こいつ…動くぞ!」

なんとメモリの内容は当時のままちゃんと残っていて、俄然、愛着のあるPalmTXを再び弄ってみたくなってしまいました。
TXは放電してもメモリ内容が消えない(のが魅力で買った記憶w)ので、当時の環境がそのまま保全されていました。CJKOSもPOBoxも活きているので日本語表示も入力も問題なしです。 カレンダーの予定を見る限りでは、2010年の暮れぐらいまではTXは現役で予定管理に使われていたようです。
ちなみにTungstenEは放電するとメモリもまっさらになるので、充電してみたら見事に初期状態にリセットされていましたw
ところで、私のTXはハード的にはボロボロです。まず電源ボタンが効きません。5wayキーも左と下が効いたり効かなかったりなので、5Wayじゃなくて3Way状態と、満身創痍。フリップカバーは破れてしまって電源が切れないけど、画面も隠せないというなかなかシビアな状態。
でも、すっかりTX弄りが癖になってしまいました。 続く

[BlackBerry] OS10の画像アプリで「非表示」設定を使って見せたくない画像を隠す #BlackBerryJP

スマートフォンを使っていると、ちょくちょく遭遇するのが、写真を見せるのにちょっと端末を他の人に渡すという場面。でも、その写真は見せてもいいけど、ほかのプライベートな写真は見せたくない・・・とか思ってヒヤヒヤするのが嫌、という方は多いのではないでしょうか。
BlackBerryに限らず、その手の「写真を隠してギャラリーから見えなくするアプリ」はたくさんあるのですが、実はBlackBerryOS10の標準「画像」アプリでは別のアプリの力を借りずとも簡単に画像の表示、非表示を切り替えることができることを最近知りましたので、メモがてら下記にご紹介します。
まず、「画像」アプリで非表示にしたい画像を長押ししてメニューを出します。

このメニューの中に「非表示」という項目があるのでこれを選択します。
しかしながら、この操作をしただけでは画像は非表示になりません。



「非表示」に設定された画像を実際に非表示にするには、画面上からスワイプして設定メニューを出したうえで、「アイテムを非表示」を選択します。



これで設定した画像が非表示になります。




おそらく、BBOS10を使ったことのない人は、画面上からのスワイプで設定メニューが出るなどということを知らないでしょうから、端末を渡して「画像」アプリを触らせても、おそらく非表示の画像を見られてしまうことはないと思います。

ちなみに、非表示設定の画像を再び表示させるには、再度設定メニューを出して「アイテムを表示」を選択します。


以上、今更誰得なBBOS10の画像非表示設定でした。
実は、BBOS10デバイスを3年以上も使っているのに、最近になって偶然この機能に気づいたのですw

[Amazon] Fire HD8を購入しました

久々のエントリがそれですか?と言われそうですが・・・

まあ正直、あまり書くネタもなくて放置になりかかっていた弊ブログですが、またボチボチ再開していこうと思います。



ということで、今年のプライムデーで唯一の買い物がこれですw Fire HD8(16GB)です。プライム会員価格で確か5,980円だったと思います。
Fireタブレットといえば、弊ブログ的には2年前にFire HD6を購入していますので、Fire HD6との比較で色々書いていきたいと思います。

ストレージ
Fire HD6を買ったときは、正直価格優先でしたので、内部ストレージが8GBのやつを選びました。それが大失敗で、いろいろなアプリを入れたりしているうちにあっという間にストレージがあふれ、残念ながらポテンシャルを発揮しきれなかった印象があります。
その点、HD8を含む現在のFireタブレットはmicroSDカードをサポートしていて、ストレージの不足と言う悩みからはほぼ解き放たれています。とかなんとかいいつつ、中の人はまだmicroSDは装着していなかったりしますが。
スピーカー
実はHD8ではスピーカーはステレオになってます。Fire HD6はモノラルでしたから、ここは素直に進化ですね~


ディスプレイ 画面に関しては、FireHD8もHD6も同じ1280x800という解像度なのですが、画面の絶対的な大きさが違うからでしょうか、やはりHD6のほうがきめの細かい画面に見えます。

なおかつ、中の人が普段愛用しているBlackBerry Passportは画面サイズ4.5インチに対して1440x1440の解像度です。


ppi(pixel per inch)の数値的に言うと


HD6=252ppi
HD8=189ppi
Passport=453ppi

ですから、HD8の画面を見たら、第一印象としては「う~ん、なんだか残念な画面」という感じになってしまいます。まあでもこの点に関しては、正直使っていくうちに全然慣れますので、あまり心配するほどではないと思っています。


GooglePlayストア Fire HD8のOSは、Androidをベースにはしていますが、厳密にはFireOSというAndroidとは異なるOSが搭載されています。そのため、GooglePlayのエコシステムにも対応しないため、Fireタブレット各種…

[VR] GearVRのアプリを使ってみる その(11)~(15) #VR #GearVR

GearVRで使えるアプリの紹介(簡単なインプレッション)の続き(11)~(15)です。



正直、自分自身がアプリで遊ぶのが今は優先なので、スクリーンショットとか撮ってませんw

アプリの画像に関しては、かろうじてOculusVRアプリをGearVRをつけない状態で起動して、インストールアプリ一覧の画面をスクショしてみた程度です。ごめんなさい。

順番は完全にアットランダムです。


(11) Cat Flight
BBCの番組風のVRアプリですが、ほとんどは360動画映像です。英語がわからないので、ちゃんと理解していない部分があるのですが、大自然の中に暮らす野生の猫が鳥を捕まえるためにスゴイ跳躍力のジャンプを見せる、という、その様子を360度動画とCGによるVR映像で見ることができます。

まあ、それだけではあるのですが、こういう自然、動物系の映像はVRにはフィットしやすい素材なんじゃないかな~と思います。
(12) Antarctic Ocean
南極海の海中に住む海の生き物(CGですが)を眺めることができるVRアプリです。
水中で視点を360度動かせるというのは、潜水服を着ていない限りできない行為ですから、これまたVRで疑似体験するには適した素材といえそうですね。ちょっとした癒しを得たいときにぼーっと眺めるような使い方が良いのかもしれません。
(13) The National Park Experience
まず、タイトルにある「National Park」とはいわゆる国立公園のことだと思いますが、無学な私にはこのアプリの国立公園がどの国のものなのかが今一つわからないのです。
イメージとしては、この国立公園の中の選んだ場所を、固定視点で360度見渡せるという感じで、アプリケーションとしてはやや物足りない感じがあるかもしれませんね。

(9) Pyramids Roller Coaster
(1)でご紹介したRelix Coasterと同じ、ジェットコースターのVRアプリです。ただしこのアプリは名前の通りピラミッドの周囲や内部にコースが通っている設定で、現実にはありえないコースターを体験することができます。ジェットコースターのVRは酔いやすい問題はあるものの、VRの威力・凄さが良く伝わるので個人的には好きなカテゴリーです。


(10) DREAMS OF "O&qu…

[BlackBerry][VR] BlackBerry PRIVでGearVRを無理やり使える?使えない? #BlackBerryJP

前のエントリに書いたとおり、VR体験のためにGearVRとGalaxyS6edgeまで買ってしまいましたので、PRIVでVRをできるようにする必要はないといえばないのですが、S6edgeには発熱の問題があって、本当ならばPRIVでVRできたらいいなーという思いは実はあります。

関連エントリ:
[VR] GearVRを買いましたがこれ、スゴイです(その1:きっかけ編)
https://mobileff.blogspot.jp/2017/04/vr-gearvr.html

[VR] GearVRを買いましたがこれ、スゴイです(その2:機種選定編)


https://mobileff.blogspot.jp/2017/04/vr-gearvr_13.html
[VR] GearVRを買いましたがこれ、スゴイです(その3:使ってみた編)
https://mobileff.blogspot.jp/2017/04/vr-gearvr_14.html

[VR] GearVRのアプリを使ってみる その(1)~(5)https://mobileff.blogspot.jp/2017/04/vr-gearvr15.html

[VR] GearVRのアプリを使ってみる その(6)~(10)https://mobileff.blogspot.jp/2017/04/vr-gearvr610.html


というわけで、どうにかしてPRIVをGearVRと組み合わせて使えないかと試してみたというのが本エントリの趣旨となります。

まずは、とりあえず画像が見れればよいレベルで まずは、一番原始的な利用手段として、GearVRとPRIVを電子的には接続せず、単なる汎用VRゴーグルのごとく使う方法です。

実際のところ、サイズ的にはGearVRはGalaxyNoteもサポートしている位なので、少し大きいくらいであれば、ちゃんと固定さえできれば普通に見ることは可能です。PRIVの大きさでも、全然問題ありません。

ただ、そのままの状態でカッチリと固定することはできませんので、どうするかといいますと、

100円ショップで買ったメンディングテープで固定しますw

その様子がこちらになりますw
(写真は後で貼ります)

まあ、おバカすぎる固定手段ですが、とりあえず的な用途ならこれで全く十分です。

実際、サイズ的にもPRIVのサイズは実は…

[VR] GearVRのアプリを使ってみる その(6)~(10) #VR #GearVR

GearVRで使えるアプリの紹介(簡単なインプレッション)の続き(6)~(10)です。



正直、自分自身がアプリで遊ぶのが今は優先なので、スクリーンショットとか撮ってませんw

アプリの画像に関しては、かろうじてOculusVRアプリをGearVRをつけない状態で起動して、インストールアプリ一覧の画面をスクショしてみた程度です。ごめんなさい。

順番は完全にアットランダムです。


(6) AccuWeather
AccuWeatherは弊ブログをよく見ていただいているBlackBerryファンの方にもお馴染みですよね。

いわゆるひとつの天気予報アプリなのですが、VR対応ということで、それぞれの情報がパネルでカッコよく表示され、景色もおそらく予報地点の上空に浮いているように表示されます。もちろん、景色はその時の時間に合わせて、昼は明るく、夜は暗く表示されます。

わざわざ天気予報を見るためだけにGearVRを起動するのもアレですが、他のアプリで遊んだ流れでついでに天気をチェック!みたいな用途にはいいかもしれないですねw

(7) GYEONGJU VR MUSEUM

韓国の景勝地?を見物できるアプリケーションです。やっぱりGearVRはサムスンのプロダクトだけに、韓国のクリエイターも頑張っているのだと思います(それに比べると日本は◯MMくらいしか対応しているように見えませんが・・・ちょっと残念)。

これの他にも、実在の公園とか観光地とかを見渡せるアプリはいくつもあるのですが、OpenHouseVRのように、場所は固定されていて歩きまわったりはできないものが多いです。しかしながらこのアプリはCGで風景が再現されているからなのか、GearVRのタッチパッドを使って、移動したい方向をタッチパッドの前後左右で選択して、実際に中を移動することができるようになっています。ただしやや操作性は微妙ですね。せっかくのGearVRなので「視点カーソルを出して、タッチしたらその方向に前進する」という動きができたらもっと直感的だったかもしれません。

(8) ORCHESTRA VR
名前の通りオーケストラの演奏をVRで体感するアプリです。視点はオーケストラの舞台上に何箇所か設置されていて、時間とともにその幾つかの視点が自動で切り替わっていきます。各視点ごとに360度の視点移動もでき、オーケストラの演奏を…